Home > ペットボトルキャップ県内再資源化事業 > 【キャップ回収、終了しました】「エコキャップ」からもう一歩ふみだそう...「ぎふNPOセンターでのエコキャップ運動のこれまで」編

【キャップ回収、終了しました】「エコキャップ」からもう一歩ふみだそう...「ぎふNPOセンターでのエコキャップ運動のこれまで」編

【「エコキャップ」からもう一歩ふみだそう】情報誌に掲載した内容を、順にご紹介したいと思います。

まず、エコキャップ運動のこれまでと、ぎふNPOセンターがエコキャップ運動に携わる中で気付いたことを整理しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エコキャップ運動について

 

1、エコキャップ運動について

エコキャップ運動とは、ペットボトルキャップを回収し、それを再資源化業者に販売し、その売上金を『世界の子どもにワクチンを 日本委員会』に寄付する運動のことです

 

2、ぎふNPOセンターでのエコキャップ運動のこれまでNPO法人 エコキャップ推進協会』がはじめたこの「エコキャップ運動」。岐阜市周辺でも広がり続け、「キャップを東京のエコキャップ推進協会に輸送するより、近隣に回収拠点があればコストもかからないため、ぎふNPOセンターが回収拠点になってほしい」という声が地域の方から上がり、ぎふNPOセンターでは2008年より「エコキャップ運動」をはじめました。

2010411月の間には、約9900kgのキャップが集まりました。このキャップは海津市にある㈱ナフサという再資源化業者に1kg12円で売却し、約12万円を『世界の子どもにワクチンを日本委員会』に寄付しました。

 

 

3、ペットボトルの消費が一向に減らない

しかし気づいたのは、ぎふNPOセンターがこの運動を続ける中で、岐阜市を中心にたくさんの地域の方々がキャップを集めて持ってきて下さるようになりましたが、この運動を続けることによりワクチンへの寄付は増えても、ペットボトルの消費は一向に減ることなく、集まり続けているということです。

 

またもし私達がペットボトルを買わずに、直接ワクチンへ寄付していたら、より多くの寄付ができるのではないか?と考えるようになりました。

 

 

わかりやすく数にしてみると...

キャップ1kg(12円で売却)=ペットボトルキャップ400個=ペットボトル飲料400

 

 

ぎふNPOセンターで集めた約半年分のキャップ9900kgをペットボトルの本数に換算すると、

9900(kg)×400()396()(㈱ナフサへ売却し、約12万円になる)になります。

 

また、これを金額に換算すると、

3,960,000本×ペットボトルの単価約150円=約59,400,000(約6億円)にのぼります。

 

【これまでの流れ】

キャップ

ペットボトル約400万本分のキャップ(約10t)

 

ナフサ回収

リサイクル業者へ売却

(ぎふNPOセンターは㈱ナフサへ売却)

売上金12万円

「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」にそのまま寄付

でも...

【もし、この約400万本分のペットボトルのうち1%(4万本)を節約したら】

ペットボトル4万本節約!!キャップ

okane.jpg

40,000本×150円(ペットボトル単価)=600万円を節約できる

ワクチン2.png

この現金をそのまま寄付すればいいのでは?

 

「ペットボトルの消費について考える①」へ続く...

 

Home > ペットボトルキャップ県内再資源化事業 > 【キャップ回収、終了しました】「エコキャップ」からもう一歩ふみだそう...「ぎふNPOセンターでのエコキャップ運動のこれまで」編

Tag Cloud

Return to page top