Home > 2月産地直送NPOスポット

2月産地直送NPOスポット

  • Posted by: admin
  • 2013年2月 4日 09:50
sannti2.jpg

2月の産地直送NPOスポットでは
「NPO法人 メダカの学校」を紹介いたします。

NPO法人 メダカの学校とは
 メダカの学校では定款(目的)である、アトピーで苦しむ人をはじめとして、
さまざまな疾患で悩む方々が今迄以上に社会復帰されています。
メダカの学校も地球の仲間です。さらに全ての命に目を向けて、
動物、植物、微生物の命、出来ることから取り組んでおります。
元気な土作り、(農業体験、子供と共に)自然と親しみ自然と共生できる子供の
健全育成(小鳥や虫や木々達の声に耳をかたむける)安全な食のあり方
(全国で料理教室)活動の一部でありますが、メダカのグループは
今、全国で色々なかたちで子供たちを守ろう、森を守ろう、川を守ろう、
昔のようにメダカがいっぱいの美しい地球にもどそうと活動しております。

◆メダカの学校堂場
自然療法による社会復帰支援施設です。自然治癒療法をもとに人と自然がもっとも近い立場で生活できる施設です。ミニ断食セミナー、料理実習、親子農業体験、餅つき&ライブなど、体にも、心にも良いイベント体験ができます。

●○●○ミニイベント●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
講演会『健康に生きるには -アトピーだって怖くないよー』

 日時:平成25年2年23日(土) 13:30~14:00

 会場:ふれあい福寿会館 アトリウムステージ 岐阜市薮田南5-14-53
     (NPO・ボランティア・生涯学習 <子ども・三世代交流>フェスティバルの中で行います)

 参加費:無料

 講師 NPO法人 メダカの学校 理事長 遠藤 榮子

 プロフィール
 1940年北海道生まれ。30歳の時にリウマチを発症。社会復帰は無理と言われたが「人間には自  然治癒力がある」と気付き、薬を服用をやめ、自然との共生を実践し7年間後に完全治癒。
 その後、年間2000名以上が訪れる アトピーの人たちの社会復帰支援施設堂場 「メダカの学校」
 を営みながら、自然や生活環境に起因する疾病で悩んでいる全国の人々に講演活動や実践活動で
 メッセージと生きる勇気を送り続けている。著書に「助けて!アトピー」「いのちを守る料理」環境絵本
 「地球を助けて!!メダカのお願い(CD付き)」がある。

□試食会
 講演後に「ぎふNPO・生涯学習プラザ」前で試食会を行います。
 メダカの学校がオススメする。体に良い食品を是非お試しください。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

_/_/_/イベント情報_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

講演会 『健康に生きるには ―もうアトピー怖くないよ―』

講義内容

環境がどんどん悪化する現代、それとともに様々な疾患で悩む方が増え続けています。

アトピー社会復帰支援施設メダカの学校の運営、自身のリウマチを克服した経験から

「健康に生きるには」をテーマにお話いたします。

日時

平成25年3月4日(月) 13時15時(終了後ご相談をお受けします)

会場

大垣市青年の家 大垣市見取町1-13-1

参加費

無料

講師

NPO法人メダカの学校 理事長 遠藤 榮子 

【対象】

・アトピー・アレルギーでお悩みの方、子育て中のお母さん、ダイエット、アンチエイジングに興味のある方、

 その他どなたでもご参加頂けます。

・アトピーの方でも安心、安全!カラダが喜ぶおやつをご用意しております。

詳細は↓
NPOナビぎふイベント情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

---------お問い合わせ-----------------------------------

NPOメダカの学校
〒468-0015 名古屋市天白区原3-506
           電話番号 052-805-7328
メダカの学校堂場
〒508-0202 岐阜県中津川市下野444-1
              電話番号 0573-72-3544

URL:http://www.medakanogakkou.jp/

--------------------------------――----------------―------




Home > 2月産地直送NPOスポット

Tag Cloud

Return to page top