Home > 首長選挙立候補者へのアンケート > 【2020年11月29日 投開票】 羽島市長立候補予定者に公開質問状をお送りしました

【2020年11月29日 投開票】 羽島市長立候補予定者に公開質問状をお送りしました

羽島市長立候補予定者へのアンケート.png
ぎふNPOセンターでは、首長選挙に立候補されている方に向けて、NPOなどの市民活動団体への支援施策、協働関係の推進に関する施策などのアンケートを実施いたします。
選挙は候補者の方の市民活動への思いが伺える機会であり、ぎふNPOセンターも大変関心を持っています。
ぎふNPOセンターの関心事ではありますが、社会課題の解決、地域の活性化に取り組むNPOなどの市民活動団体やまちづくりに関心のある人にも見ていただければ嬉しいです。

第1回は羽島市長立候補予定者の方へのアンケートです。
立候補を表明している方に対して11月19日を回答期限とし、アンケートをお送りさせていただきました。(11月12日時点で氏名を公表して岐阜新聞に名前が掲載された方を対象に送付)
いただいた回答は11月21日までに、ぎふNPOセンターのウェブサイトへ掲載いたします。

【アンケートのご回答】
立候補予定者(50音順)

沢井 さちこ 氏
※いただいた回答は、20日以降に掲載いたします。
【沢井さちこ氏】アンケートのご回答.pdf

松井 聡 氏
※いただいた回答は、20日以降に掲載いたします。
【松井聡氏】アンケートのご回答.pdf

質問内容は以下になります。

1)NPO・市民活動団体について(200字以内)
 現代社会では社会的課題が多様化し、課題解決のために様々なNPOなどの市民活動団体が活躍しており、羽島市でも市民活動団体登録がされています。NPO・市民活動団体に期待していることはありますか。あなたのお考えを聞かせてください。

2)NPO・市民活動団体の協働について(200字以内)
 羽島市まちづくり基本条例では、第13条において「市民、議会及び市長等は、相互の役割と責務を認め合いながら、協力、連携してまちづくりに取り組むよう努めます。」と定めております。協働を推進するために羽島市にはどのような施策や仕組みが必要だと思いますか。

3)市民活動を活性化する施策について(200字以内)
 羽島市の「市民協働によるまちづくり補助金」は2019年に役割を終えられましたが、今後の市民活動をさらに活性化する施策について、あなたの考えをお聞かせください。


以上です。

Home > 首長選挙立候補者へのアンケート > 【2020年11月29日 投開票】 羽島市長立候補予定者に公開質問状をお送りしました

Tag Cloud

Return to page top