Home > 講座情報 > 免税事業者に聞いてもらいたい 消費税インボイス制度セミナー 2022年1月12日開催

免税事業者に聞いてもらいたい 消費税インボイス制度セミナー 2022年1月12日開催

インボイス制度 案内.JPG
日時:2022年1月12日(水) 14時から16時まで
会場:OKBふれあい会館1棟401小会議室&オンライン

 2023年10月から始まるインボイス制度ですが、NPOでも多くの団体に関係のあることだと感じて、今回のセミナーを企画いたしました。インボイス制度は、年間売上が1,000万円を超える消費税課税事業者は、消費税の仕入税額控除の適用を受けるために適格請求書(インボイス)の保存が必要になる制度です。2021年10月からインボイスの交付ができる「適格請求書発行事業者」の登録が始まりました。
 課税事業者はやらないと損をしますが、免税事業者も無関係ではありません。課税事業者が仕入税額の控除を行うためには、インボイスが必要なのですが、インボイスを発行できるのは課税事業者だけなのです。そのため、免税事業者でインボイスが発行できなければ、課税事業者から「取引を終了させられる」「控除できなくなった分の税金額を支払われる金額から引かれる」などが発生するかもしれません。 これからも課税対象売上が1,000万円を超えなければ免税事業者を選択できますが、取引相手によっては、今まで免税事業者だった団体も課税事業者となって、消費税の納税を行う必要が出てくるかもしれません。
 インボイス制度は団体の取引相手などによって、どのような選択をするか決めていかなければいけませんので、ぜひセミナーにご参加いただき、判断の材料にしていただければと思います。

 2022年1月から電子帳簿保存法改正についても話します。今まではデータで受け取った国税の関係書類は紙での保存が認められていましたが、今後は電子データで保存する必要が出てきました。オンラインショッピングを利用した時に多いのですが、領収書を電子データでしかもらえない場合は、それを印刷した物を保存しておくだけではダメで、電子データでの保存が必要になります。このことについてもお話しいただきます。

講師:鳥居 翼 氏(鳥居税理士事務所 所長)
参加費:1人1,000円
定員(先着順):会場10名、オンライン40名

お支払方法
会場の場合:当日お支払ください。
オンライン:お申込み後にご案内いたします。(Peatixを使う予定です。銀行口座へ直接の振込をご希望される場合はご連絡ください。※振込手数料はご負担いただきますよう、お願いいたします)

お申込み方法:当該グーグルフォームのお申込みページで申込事項をご記入いただくか、メールまたはFAXにて、申込事項をご記入のうえ、お問合せ先までお送りください。
グーグルフォームURL:
https://forms.gle/woNVVQNFZ3pYYrJY8

チラシはこちら消費税インボイス制度セミナー チラシ.pdfから

<メール用申込フォーム>
参加者氏名:
団体名:
住所:
連絡先電話番号:
連絡先E-Mail:
参加方法:「会場」または「オンライン」からお選びください。
消費税課税事業者ですか:「はい」「いいえ」「分からない」「その他」からお選びください。
講座で聞きたいこと:
備考:

お問合せ先
NPO法人ぎふNPOセンター
岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3階
電話:058-275-9739 FAX:058-372-8502
E-mail:npo@gifu-npocenter.org

Home > 講座情報 > 免税事業者に聞いてもらいたい 消費税インボイス制度セミナー 2022年1月12日開催

Tag Cloud

Return to page top