Home > NPO法人向け情報 Archive

NPO法人向け情報 Archive

マイナンバー制度  対応の準備をしましょう

10月1日より、一人一人にマイナンバーが配布されるのはご存知だと思いますが、マイナンバーがどんなもので、どんな時に必要になるのか、マイナンバーの取扱い方法について、十分に理解している人は少ないのではないでしょうか。

9月16日に、ぎふメディアコスモスにおいて、「NPO法人向けにマイナンバー制度セミナー」を開催しました。70人の参加者で会場いっぱいになりました。

まず、弁護士の川口創さんより、制度の概要をお話しいただき、税理士の鳥居翼さんからは、これから何を準備すべきかを、わかりやすく説明していただきました。

マイナンバーを扱う私たちにとっては、気を付けることばかりが多く、メリットが感じられないこと、
問題点や不明な点が多く、マイナンバーを配布する窓口に問い合わせても、答えがでないことも多々あるとか・・・。1月の運用開始までには、新しい問題も出てくるのではということでした。

不安の多いこの制度ですが、とにもかくにも、10月からナンバーが配られてしまいます。
制度の中身は、ネットの検索すれば出てくると思いますので、
セミナーを受けて理解したこと、みなさんにこれだけは気を付けてということをお伝えしておきます。

10月1日から、個人に送られてくるマイナンバーの「通知カード」は人に気安く見せてはいけません。
この番号に今後、どんなことが「ひもづけ」されてくるかわかりません。
マイナンバーは重要な個人情報。
カードを紛失しても、番号を変えることは簡単にはできないそうです。
カードの保管をしっかりしましょう。

*NPO法人にも法人番号が割り当てられ、法定調書等の記入に使います。これは公開されるものです。

NPO法人の税務、労務担当の人は、源泉徴収、年末調整等で職員のマイナンバーや講師のマイナンバーを聞く必要があります。
運用は1月からでも、取扱いは11月頃から始まることになります。
預かったマイナンバーは、ネットからの流出をさけるために、できるだけ紙で管理し、重要書類や金銭と同様に鍵のかかるところに保管しましょう。
マイナンバーを書き込んだ書類はすべて同様の扱いをしましょう。
従って、必要なもの以外は、マイナンバーを安易に書かない方がよいですね。
たとえメモでも、個人のマイナンバーを書き込んだら、取扱いに気を付けて、不要になったら、即シュレッダーにかけましょう。

職員の年末調整をする時期までに、少なくとも次のことを確認しておきましょう。

1)事務所でマイナンバーを扱う人
2)マイナンバーのもらい方(番号の確認方法、手順)
2)マイナンバーの保管方法

まだ不明な点が多く、これから明らかになることもあると思いますので、引き続き、マイナンバー制度について勉強する機会を設けていきたいと思います。
わからないことがあったら、ぎふNPOセンターにお問合せください(スタッフも勉強中ですが・・・)。




*9月16日のセミナーの様子 会場:ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ
マイナンバー制度セミナー.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【終了しました】2014年5月10日 NPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップ

5.10_gifu.JPG

 組織は事業をまわしてどんどん大きくなっていくものと考えられがちですが、実はその事業を動かしている組織そのものの基盤をしっかりと固めることを疎かにしていることが原因で、事業運営に日々追われ自転車操業的な経営に陥り、なかなか持続可能な活動の発展に結びつかないというケースが少なくありません。
 本ワークショップは、そんな事業ありきの状態から、長期的視野で組織を発展させたいと考えている団体のリーダーやスタッフを対象にしたプログラムです。組織基盤強化を応援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の2014 年募集の説明も行います。

◆日時 2014年5月10日(土) 13:30~17:00

◆対象 NPO/NGO団体に所属する方

◆会場 長良川うかいミュージアム 四阿 (岐阜市長良51番地2)

map_5.10_2014_s.jpg

 

 

 

 

 

 

   

 

 

◆スケジュール

13:30 主旨説明

13:35 講座「組織基盤強化とは」 日本NPOセンター 早瀬昇

14:05 組織基盤強化により組織の発展につながった事例報告

          ・eco-edu NPO法人しずおか環境教育研究会

          ・NPO法人 ORGAN

14:45 ワークショップの説明/休憩

15:00 組織基盤の課題について考えるワークショップ

16:30 Panasonic NPOサポート ファンド 2014年募集について

      http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/index.html#pnsf

17:00 終了予定 終了後、交流会を予定しています(実費)

◆定員 40名  資料代500円(1名に付き)をお願いします。

◆申し込み方法

  FAX、E-mailにて必要事項をお送りください。
  ①氏名、②所属、③連絡先(携帯もしくはE-mail)④交流会参加の可否

◆問い合わせ先

特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター 野村・山田npo@gifu-npocenter.org

TEL 058-275-9739 FAX 058-275-9738 
※お問い合わせの際には「NPO/NGO 組織基盤強化ワークショップの件」と申し添え下さい。
〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-12 シンクタンク庁舎3F

◆主催 特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター

◆共催 Panasonic 認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター

 

5.10_gifu_b.JPG

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

会計しっかりマスター講座 日常編(基礎)

kozashashin_edited.jpg

 「NPOの会計担当になったけど、どうしよう...」「日々の会計実務に自信がない...」そんな不安を解消できるのが「会計しっかりマスター講座」です。
NPOの会計の基本が学べる「日常編」を、基礎編と応用編の2段階に分けて開催します。
常編(基礎)は、初めてNPOの会計を担当する方向けに、会計の考え方と日々の仕事を学べます。
た、この講座に参加していただいた方を対象に、2日目の午後から
NPO法人の会計基準に対応した会計ソフトの体験セミナーを行います。

日時   第1日  2013年 6月26日(水)  10:00~16:00 (食事休憩あり)   
     第2日  2013年 6月27日(木)  10:00~13:00 
     会計ソフト体験セミナー       14:00~16:00

会場   第1日 ふれあい福寿会館(県民ふれあい会館)4F 404会議室
     第
2日 ふれあい福寿会館(県民ふれあい会館)4F 403会議室
     (
岐阜市薮田南5-14-53)
対象者 NPO法人(認証申請中を含む)の会計担当者で、2日とも参加できる方

内容    NPO法人の会計の基礎、NPOの会計基準について、会計の始め方、複式簿記の基礎、会計伝票の作り方など

定員   20人

参加費  7,000円(資料代込み)1日目に一括してお支払いいただきます)
        *テキストとして「【NPO法人会計基準対応版】基礎からわかるNPO会計」(合同出版)を使用します。
          同じ本を既にお持ちの方は、4,000円とします。

        *会計ソフト体験セミナーにご参加の方は、別途500円頂きます。

持ち物  電卓、定款、会計報告書(前年度の所轄庁へ提出した収支計算書・貸借対照表・財産目録、
        今年度の予算書、初年度の団体は予算
書・財産目録)、昼食
       *
会計ソフト体験セミナーにご参加の方は、ノートパソコンをお持ちくだい。

申込締切   621日(金)但し定員になり次第締切

申込み方法  下記のチラシの申込み欄にご記入の上、FAXしてください。

会計しっかりマスター講座日常編(基礎) チラシ&申込み用紙(pdf)


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO・市民活動のための組織の力量アップセミナー NPO経営セミナー【終了しました】


npokeiei.jpg
NPO法人が組織のミッションの為に活動するには、資金調達が必要になってきます。

しかし、資金調達する際に、団体の計画と経営戦略が整っていないと資金獲得までの道のりが不安定な状態になります。そこで、中小企業診断士の視点で分析し、安定した基盤整備をみんなで考えていきたいと思います。
NPO
法人にとって、どんな経営戦略が望ましいか考えてみませんか? 今までに見えていなかったNPOのあり方がこの講座で見つける事が出来るかもしれません。


 日時:平成24年11月7日(水)13301630

 

◆場所:ふれあい福寿会館 第1棟4階 405小会議室 

       (岐阜市薮田南5-14-53

 

講師:伊藤 慎悟さん

(コンサルティング・シスト 代表、中小企業診断士)

各務原商工会議所において中小企業支援業務に16年間従事。平成20年、経営コンサルタントとして独立開業をする。「戦略マップ」を使い、経営戦略づくりを分かりやすくアドバイスする事を得意とする。

現在、中小企業者や創業者を対象とした相談やセミナーを行うほか、中小企業大学校において中小企業支援者の指導・育成も行っている。

 

◆参加費:無料


申込み方法

下記の記入フォームに入力し、gifu@npo-jp.netまでお送り頂くか、
チラシを印刷し、記入してFAX(058-275-9738)でお送り下さい。
※満席の場合は連絡させて頂きます。早めにお申込みください 。

★チラシ (PDF 221KB)

semina-keiei.pdf


<記入フォーム>
氏名(フリガナも)
所属団体:
住所:〒

電話番号&携帯電話:
参加に期待すること:


☆この事業は、新しい公共支援資金を活用して、岐阜県からNPO法人ぎふNPOセンターが受託した事業です。


お問合せ
特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター
500-8384
岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3
TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9738
E-mail:gifu@npo-jp.net


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「ぎふハチドリ基金」(子ども若者・子育て市民ファンド)スタート!

ハチドリ基金スタート


多くの大人が生きづらさを感じている今の日本社会。
社会が抱える悩みは、そのまま子どもや若者に影響していきます。
子どもや子育てに関して、自分や家族で解決できない困難がありながら、
公的な支援が得られていないケースがたくさんあります。

悩みを抱える子ども・若者や親たちを支援しているNPO等の活動を、地域全体で支えたい。

地域社会の未来を担う子どもや若者たちに笑顔と元気を贈りたい。

そんな思いから、「ぎふハチドリ基金」を立ち上げました。

子ども・若者・子育て支援を行う団体を、ぜひ応援して頂ければと思います。

【ぎふハチドリ基金WEBページ】
http://gifunpo-fund.org/

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO・市民活動のための組織の力量アップセミナー 会計セミナー多治見会場【終了しました】

kaikeitazimi.jpg 201241日から改正NPO法が施行され、NPO法人を運営するにあたって、いろいろなことが変わりました。

 特に会計報告書を作る統一ルールとして、NPO法人会計基準が出来ました。会計基準は、法律ではないので強制されるものではありませんが、この会計基準に沿った会計報告書の作成が望ましいとされています。

 この会計セミナーでNPO法人会計基準を理解し、正しく情報開示することで、団体の信頼性の向上を目指しましょう!


内容
1回 概論編 平成24年10月13日() 13301530

「NPO法人会計基準」、「非営利の会計」について学びます。


2回 実践編 平成24年10月19日() 13301530

改正前と改正後の財務諸表を見比べながら、実際に新しいNPO法人会計基準を各団体に導入するにはどうすればいいの考えていきます。

 

※第2回実践編は、第1回概念論編を基に行いますので、なるべく2回とも出席して下さい。

 

参加費:無料

 

講師:田島 宏美さん(名古屋税理士会所属税理士 NPO支援専門研究員)

 

場所:多治見市文化会館 練習室1

    (多治見市十九田町2-8

 

定員:30

 

この事業は、新しい公共支援資金を活用して、岐阜県からNPO法人ぎふNPOセンターが受託した事業です。

 

申込み方法

下記の記入フォームに入力し、gifu@npo-jp.netまでお送り頂くか、

チラシを印刷し、記入して058-275-9738までFAXをお送り下さい。

満席の場合は連絡させて頂きます。早めにお申込みください

 

チラシ (PDF:186KB)

kaikei-tazimi.pdf

 

<記入フォーム>

氏名(フリガナも)

所属団体:

住所:〒

 

電話番号:

参加日:第1回と第2回の参加日をご記入ください

参加に期待すること:

 

お問合せ

特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター

500-8384

岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3

TEL:058-275-9739 FAX:058-274-9739

E-mail:gifu@npo-jp.net

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO・市民活動のための組織の力量アップセミナー 情報発信セミナー【終了しました】

 zyouhou.jpg


自分たちのNPOを広く知って もらうにはどうしたらいいか。また、知られているのと知られていないのとでは、外部とのコミュニティの繋がりが大きく変わります。その鍵を握るのは「情報 発信力」です。今日、多様化された情報発信の手段は私達を便利にさせた反面、悩ませる要因にもなりました。「どうやって情報公開したらいいか」「イベント の告知をどうしたらいいか」「どうしたら私たちを知ってもらえるか」多方面に渡る情報発信の手段を一緒に考えてみませんか?

 

 

◆◆◆◆◆◆◆  大垣会場  ◆◆◆◆◆◆◆ 


◎ 平成24年10月17日() 13:30~16:30

 

 場所:ソフトピアジャパン 中会議室3

                (大垣市加賀野4-1-7)

◎ 内容

 前半 NPOの広報って何?

 人に伝えるということは、裏を返せば人に知ってもらうということです。そのため、上手く伝えるにはちょっとした工夫が必要です。自分たちの売り出 し方を考えていきましょう。また、マスメディアを使ってアピールできる方法 も見ていきましょう。

 

 後半 ワークショップ

 事前アンケートを元にワークショップの方向性を決めていきたいと思います。私たちの悩みを見つけ、解決の糸口を見つけていくワークショップを目指したいと思います。


◎ 講師:津田正夫さん

京都大学経済学部卒業。

日本放送協会(NHK)に入局し、報道番組の制作に関わる。

現在、市民とメディア研究会・あくせす代表

立命館大学・名古屋大学非常勤講師。

市民のメディア参画を目指し、人間のコミュニティの回復を図る。

 

◎ 参加費:無料


持ち物:団体の広報誌・映像などがあれば持ってきて下さい。






フォームの始まり

フォームの終わり

 


◆◆◆◆◆◆◆ 多治見会場 ◆◆◆◆◆◆◆

 

◎ 平成24年10月29日() 13:30~16:30

 

 場所:多治見市文化会館 練習室1

              (多治見市十九田町2-8)

 内容 

ホームページ、TwitterFacebookなどを使った情報発信がテーマです。インターネットは多様に富んだサービスです。いろいろな見せ方ができます。そこから多くのファンや繋がりが生まれます。インターネットを活用した情報発信を主に、新聞等マスメディアを通じた情報発信の生々しい実体験もお話いただきます。

 

◎ 講師:秋元 祥治さん

早稲田大学教育学部、政治経済学部にて学び、在学中にG-netを設立。2003年に法人設立。
現在、NPO法人G-net代表理事。岐阜大学や、愛知県立大学、名古屋大学非常勤講師としても活躍。
地方都市全国初となる、長期実践型「ホンキ系インターン」事業を通じて、地域活性化に取り組む


◎ 参加費:無料



 

 

申込み方法

下記の記入フォームに入力し、gifu@npo-jp.netまでお送り頂くか、
チラシを印刷し、記入して058-275-9738までFAXをお送り下さい。
※満席の場合は連絡させて頂きます。早めにお申込みください

★チラシ(PDF:296KB)

semina-zyouhou.pdf


大垣会場を参加される方はチラシの裏のアンケートにご記入の上、FAXでお送りください。


  • 参加申込記入フォーム

氏名:
所属団体:
主な活動:
住所:〒
 
電話番号:
携帯電話:
参加に期待する事: 

 

  • 事前アンケート

Q1:あなたはこの講座で、何を得たいですか?(複数回答可)
A
:他のNPOの広報活動や相談しあえる仲間やNPO
B
:広報の基礎知識
C
:媒体・メディアの基礎知識
D
:自分達の課題
E
:その他(                  )

Q2
:あなたの団体は、どのような広報媒体を使っていますか?(複数回答可)
A
:クチコミ
B
:チラシ・パンフレット
C
:定期的なニュース(NewsLetter)・機関紙
D
:行政広報紙
E
:タウン誌
F
:マスコミ(新聞・ラジオ・テレビ)
G
:メーリングリストやSNS
H
:ホームページ
I
:その他(              )

Q3
Q2の広報活動は効果がありましたか?
はい どのような効果がありましたか?:(              )
いいえ 何が課題ですか?:(               )

Q4
(1)広報活動の強化によって何を目指しますか?(複数回答可)
A
:資金集め
B
:会員集め
C
:イベントスタッフ・参加者集め
D
:団体や活動の知名度アップ
E
:自分達の活動への社会的関心を高める。
F
:その他(                )
  :(2)その目標はいつまでに達成したいですか?(例えば、一年間など)

Q5
:あなたが広報で知らせたい対象は誰ですか?(複数回答可)
A
:会員やその仲間
B
:近所・地域の市民・住民
C
:同じ市町村の市民・住民
D
:全国の市民・住民・NPO
E
:不特定多数の人たち
F
:政府・行政や政治家
G
:その他(              )




☆この事業は、新しい公共支援資金を活用して、岐阜県からNPO法人ぎふNPOセンターが受託した事業です。


お問合せ
特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター
500-8384
岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3
TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9738
E-mail:gifu@npo-jp.net 

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO・市民活動のための 組織の力量アップセミナー <会計セミナー>【終了しました】

seminar.003.jpg

201241日から改正NPO法が施行され、NPO法人を運営するにあたって、いろいろなことが変わりました。

特に会計報告書を作る統一ルールとして、NPO法人会計基準が出来ました。会計基準は、法律ではないので強制されるものではありませんが、この会計基準に沿った会計報告書の作成が望ましいとされています。

この会計セミナーでNPO法人会計基準を理解し、正しく情報開示することで、団体の信頼性の向上を目指しましょう!

 

内容1回 概論編 13301530

      「NPO法人会計基準」、「非営利の会計について」


2回 実践編 13301530

      改正前と改正後の財務諸表を見比べながら、実際に新しいNPO法人会計基準を各団体に導入するにはどうすればいいのかを考えていきます。

2回実践編は、第1回概論編を基に行いますので、なるべく2回とも出席して下さい。

参加費:無料

◆定員:30

 

会場

講 座

日時

講師

岐阜会場

第1回

911()

馬場 英朗さん

愛知学泉大学現代マネジメント学部准教授

公認会計士・大阪大学博士(国際公共政策)

著書『NPO法人会計基準対応版 これ1冊で実務に対応できる基礎からわかるNPO会計』(合同出版)は、会計実務者に必携の本。

第2回

1012()

大垣会場

1

830()

岩田 英人さん

名古屋税理士会所属税理士 NPO支援専門研究員

第2回

1018()

美濃加茂会場

1

9月 6()

大塚 久俊さん

 名古屋税理士会所属税理士 NPO支援専門研究員

第2回

1024()

多治見会場

1

1013()

田島 宏美さん

 名古屋税理士会所属税理士 NPO支援専門研究員

第2回

1019()

高山会場

1

828()

奈木 良平さん

名古屋税理士会所属税理士 NPO支援専門研究員

第2回

10月 4()

 

会場一覧

 

会場

施設名

住所

電話番号

岐阜会場

ふれあい福寿会館

岐阜市薮田南5-14-53

058-277-1180

大垣会場

ソフトピアジャパン

大垣市加賀野4-1-7

0584-77-1111

美濃加茂会場

美濃加茂市生涯学習センター

美濃加茂市太田町3425-1

0574-25-4141

多治見会場

多治見市文化会館

多治見市十九田町2-8

0572-23-2600

高山会場

高山市民文化会館

高山市昭和町1-188-1

0577-33-8333

この事業は、新しい公共支援資金を活用して、岐阜県からNPO法人ぎふNPOセンターが受託した事業です。

 

申込み方法
下記の記入フォームに入力し、gifu@npo-jp.netまでお送り頂くか、
チラシを印刷し、記入して058-275-9738までFAXをお送り下さい。
満席の場合は連絡させて頂きます。早めにお申込みください

チラシ(PDF)

seminar_kaikei.pdf


<記入フォーム>
氏名(フリガナも)
所属団体:
住所:〒

電話番号:
参加日:第1回と第2回の参加日をご記入ください
参加に期待すること:

お問合せ
特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター
500-8384
岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3
TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9739
E-mail:gifu@npo-jp.net

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO法改正による定款・登記の変更について

◆改正NPO法に関して -NPO法人の皆様へ-
───────────────────────────────────
既にご存知かと思いますが、4月1日よりNPO法が改正となりました。
これによる定款・登記の変更が必要となる場合があります。
ご確認の上法人内で参考にしていただければ幸いです。

内閣府NPOホームページ
https://www.npo-homepage.go.jp/about/201204_kaiseihou_tsuchi.html

特に、「理事(理事長)の代表権の制限」に関しては、どの法人にも関わる内容となっています。

法務局からのお知らせ↓
http://houmukyoku.moj.go.jp/gifu/frame.html

登記の申請様式はこちらにあります。
http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

その他資産の変更登記なども上記リンク内に様式がありますので、ご確認くださ
い。


※6月に各NPO法人向けにお送りさせて頂いた、
『NPO法改正による定款・登記の変更について』のチャート図を
WEBでもぜひ公開してほしいという声が多かったので、このページにて公開したいと思います。

kaisei (2).GIF

NPO法改正による定款・登記の変更について(PDF)」


定款の変更や登記のことなど、ご相談がありましたら、
お気軽におたずね下さい。

NPO法人ぎふNPOセンター 
TEL 058-275-9739

ぎふNPO・生涯学習プラザ(委託:NPO法人ぎふNPOセンター)
(9:00-18:00)


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > NPO法人向け情報 Archive

Tag Cloud

Return to page top