Home > 設立の趣旨 経緯

設立の趣旨 経緯

  • Last Modified: 2015年11月29日 11:21

◆設立の趣旨
  現在、世界はグローバル化の波に象徴される経済構造一元化への動きと、その影響下での地域格差の拡大が進んでいます。それは、富の地域間での不均衡、また地域内での不均衡を生み出し、それに伴う環境の劣化も驚異的速度で進行しています。そのため、持続可能な開発、持続可能な社会の希求と模索は焦眉の急となっています。日本国内でも、大都市への人口集中、農村部の過疎化、そして全般的な少子高齢化現象のなかで、地域コミュニティーが急速に消失しつつあります。これは、ある意味で日本の歴史上未曾有の危機であるといえます。
 このような状況下で、地域コミュニティーを再生し、持続可能な社会の実現を図るための新たなパラダイムの構築と、その担い手の重要な構成要素であるNPOの育成、発展は、私たちが果たさねばならない最優先の課題です。
 特定非営利活動法人ぎふNPOセンターは、以上のような現状認識の基に、岐阜県域を中心とする日本の地域社会の中で、以下を目的とします。すなわち:
①地域社会の住民が地域の課題を自ら解決し、地域を超えたより広い社会との連携に積極的に取り組むこと、また、
②そのような住民主体の社会を実現するため、NPOを含む住民の自発的活動を支援し、促進すること。
 以上の目的は、すなわち、NPOを組織し活動する不特定多数の市民、また、ボランティアとして社会貢献活動を行う不特定多数の市民、さらにはそのような活動の対象となる不特定多数の市民に対する利益に寄与するものです。
 特定非営利活動法人ぎふNPOセンターは、この目的実現のため、既に3年の活動実績を有していますが、社会に対しての説明責任と透明性をより充実させるために法人格を取得するに至りました。

◆法人申請に至るまでの経緯
 2000年10月1日 任意団体「ぎふNPOセンター」設立
                                     2000年度 運営委員会  27回開催
 2001年10月6日 2001年度総会開催
                           2001年度 理事会  13回開催
 2002年7月14日 2002年度総会開催
                          2002年度 理事会  15回開催
 2003年7月 3日 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター設立発起人会開催
 2003年7月26日 2002年度決算総会開催
 2003年7月26日 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター設立総会開催
       
                                             2003年7月26日
                                                 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター  
                                                 設立代表者 岐阜県高山市花里町1丁目26番地19
                                                          和田 信明

Home > 設立の趣旨 経緯

Tag Cloud

Return to page top