Home

ぎふNPOセンター

メディコスでブラジルトーク! ブラジルってどんなとこ?~東南エリア~

pics2563.gifのサムネール画像
8月の間、岐阜大学の地域協働型インターンシップでぎふNPOセンターにインターンとして来ていたIwaki Regina Akemi(イワキ レジナ アケミ)さんが企画したイベントです!イワキさんはブラジルのサンパウロ州出身で、高校1年生の時に来日、岐阜大学に入学し、現在は工学部の2年生です。多文化共生や文化交流に興味を持っており、翻訳ボランティアなども行っています!

現在、岐阜県には約50,000人の外国籍の方々が暮らしています。そのうちの約10,000人がブラジル国籍の方です。
皆さんはブラジルというと何をイメージしますか?サッカー、シュラスコ、カーニバル・・・。
今回のブラジルトークでは、普段テレビでは見られないようなブラジルの田舎暮らし、学生生活など皆さんの気になることについて気軽に話しましょう!

日時:平成29年10月7日(土)15:30~16:30
会場:みんなの森 ぎふメディアコスモス あつまるスタジオ (岐阜市司町40番地5)
定員:20名
参加費:300円

内容
-文化紹介-
学生生活
スポーツ
音楽
食事について
★ソウルフード フェイジョンの試食
フェイジョンとは 塩、ニンニクで味付けした豆スープです。ご飯にかけて食べます
遊び方紹介(STOP、ペテカ、Betなど)
-フリートーク-

SPEAKAR
イワキ レジナ アケミ(岐阜大学工学部2年 サンパウロ州出身)

申し込み方法
Emailまたはチラシをダウンロードし、QRコードを読み込んで申し込みフォームからお申し込みください。
ブラジルってどんなとこ?~東南エリア~.pdf
※Emailでのお申し込みの場合は、件名に「ブラジルを語ろう申し込み」と記入し、氏名、所属、電話番号、メールアドレスを書いて送信をお願いいたします。

申し込み〆切り:10月5日(木)
申込み先:Email/npo@gifu-npocenter.org
問い合わせ先:Tel 058-275-9739

主催:NPO法人ぎふNPOセンター
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ぎふハチドリ基金 設立5周年記念パーティー

キャプチャ.JPG
日時:2017年10月21日(土) 12:30開場 13:00開演(15:15終演予定)
場所:ダイニングてっぺん(岐阜キャッスルイン 10階 岐阜市県町2丁目8番地)
参加条件:ハチドリ応援団であること
(ハチドリ応援団になっていただいている方にパーティの招待状をお送りいたします)
ハチドリ応援団について、詳しくは下記をご覧ください
定員:100名(先着順)

2017年10月1日で設立5周年を迎える、ぎふハチドリ基金。
5周年記念パーティとして、ぎふハチドリ基金をずっと応援していただいているサックス奏者の粥川なつ紀さんと、イメージソング「ハチドリ」を作ってくださった2人組ユニット、KazuTomoさんをお迎えし、スペシャルライブを開催します。
ぎふハチドリ基金の仲間たちと楽しいひとときを過ごしましょう!

このパーティにはハチドリ応援団(年会費1口3,000 円)になることでご参加いただけます。
ぎふハチドリ基金は、今、基金を支えるハチドリ応援団のメンバーを100人集めることを目標にしています。
この案内をご覧になった方はもちろん、お知り合いの方で、ぎふハチドリ基金の趣旨に賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ応援団になってくださるようお誘いください。
たくさんの仲間と一緒にぎふハチドリ基金を盛り上げましょう!

【内容】
・ぎふハチドリ基金設立5周年記念スペシャルライブ
出演
粥川なつ紀トリオ(粥川なつ紀さん:サックス奏者・作編曲家)
http://kosamota.com/
(粥川なつ紀さんオフィシャルサイト)

KazuTomo
http://kazutomo0409.wixsite.com/kazutomo-official-hp
(KazuTomoオフィシャルサイト)

・支援者および助成対象団体からのエール

司会:浅井彰子さん(フリーアナウンサー)


<ハチドリ応援団>
ハチドリ応援団になる方法
年会費 1口 3,000円を1口以上で継続してご支援ください。(通信やイベントの案内をお送りします。)
★一日あたり9円で、ぎふの子どもや若者の支援ができます。

ハチドリ応援団年会費の振込先
郵便振替口座
00880-6-190902 ぎふハチドリ基金
※通信欄に「ハチドリ応援団申込」とご記入ください。

会費をお振込みいただきましたら、お手数ですが、
hachidori@gifu-npocenter.org まで、その旨ご連絡いただけると助かります。

ぎふハチドリ基金
ぎふハチドリ基金は、地域の力で岐阜の未来(子ども・若者・子育て家庭)を支える仕組みです。
若い世代の抱える困難を早い段階で解決しなければ、困難は次の世代にも引き継がれ、マイナスの連鎖を生み続けます。
地域で活動している団体は、公的支援制度のすき間に陥っている人たちに、支援の手をすぐに差し伸べることができます。
ぎふハチドリ基金の仕組みにより、地域の子どもや若者、子育て家庭のために活動する団体が増えたり、支援活動が継続できるようになります。活動が大きくなれば、公的制度の充実にもつながっていきます。
ぜひこのプラスの連鎖を作る力になってください。

★「ぎふハチドリ基金」名前の由来
キャプチャ3.JPG
森が燃えていました/森の生き物たちは、われ先にと逃げていきました/
でもクリキンディという名のハチドリだけは/いったりきたり/くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは/火の上に落としていきます/動物たちがそれをみて/「そんなことして いったい何になるんだ」と笑います/クリキンディはこう答えました/
「私は、私にできることをしているだけ」
(出展「ハチドリのひとしずく」 監修:辻信一 出版:光文社)

キャプチャ2.JPG

ハチドリ応援団申込み方法(1または2)
1.上記【ハチドリ応援団になる方法】のとおり、年会費 1口 3,000円を1口以上を【ハチドリ応援団年会費の振込先】までお振込みいただき、hachidori@gifu-npocenter.org まで振り込んだ旨をご連絡ください。

2.チラシに、必要事項を記入して、ぎふNPOセンターまでFAXまたはEメール、郵送にてお送りください。
Eメールの場合は下記の申込みフォームをお使いください。
お申込み先
FAX:058-275-9738 Eメール:npo@gifu-npocenter.org
チラシはこちらからダウンロードできます。
ハチドリ5周年記念パーティ 応援団呼びかけチラシ.pdf

【ハチドリ応援団 申込みフォーム】
お名前:
ご住所:
連絡先電話:
e-mail:
入会用振込用紙:ご希望の方に振込用紙をお送りしますので、「要」または「不要」をご記入ください。
振込日[会費お振込み済みの方のみ):確認させていただきますので、振込日をご記入ください。

※ご記入いただいた個人情報は適正に管理し、ぎふハチドリ基金運営上の連絡のみに使用させていただきます。

お問合せ先
ぎふハチドリ基金 事務局 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-12 シンクタンク庁舎内
TEL:058-275-9739 FAX:058-275-9738
E-mail:npo@gifu-npocenter.org
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

平成29年度 取る前に聞いておく 認定NPO法人を学ぶサロン

キャプチャ.JPG

 個人が認定NPO法人に寄付すると「寄付金控除」が適用され、確定申告で税金の還付が受けられたり、法人の場合は一般の損金算入限度額に加えて損金算入できる金額が拡大されるなど、寄付者へのメリットがある「認定NPO法人」。
 NPO法人に寄付が集まりやすくなる仕組みとして気になっている団体さんも多いのではないでしょうか。しかし、認定NPO法人になっても、寄付が集まるわけではないようです。
 今回の勉強会では、岐阜県の担当部署から認定NPO法人制度の概要を説明してもらった後、認定NPO法人の申請・運営経験のある講師から、認定NPO法人制度を活用して寄付を集めるために行ってきたことや申請の際に気を付けたこと・苦労したことなどをお話しいただきます。
 寄付集めのコツや認定NPO法人運営の実態を聞き、認定取得に活かしましょう!

日時:平成29年8月28日(金) 13:30~15:30

会場:OKBふれあい会館2棟9階 男女共同参画プラザ研修室

講師:竹内 ゆみ子 氏
NPO法人まちづくりスポット 代表理事 (元 認定NPO法人ムラのミライ 専務理事)

takeuchikoshi.jpg


セミナー内容
13:00 開場
13:30~13:40 主催挨拶
13:40~14:00 認定NPO法人の制度概要について
  岐阜県県民生活部県民生活課NPO・宗教法人係 西村 知紘 氏
14:00~14:50 認定NPO法人を取るためにやっておくこと・制度を活用するコツ
 竹内 ゆみ子 氏
14:50~15:00 休憩
15:00~15:20 質問
15:20~15:30 閉会の挨拶・アンケート記入

対象者:認定NPO法人の取得を目指している・関心があるスタッフや理事、中間支援団体や支援センター職員など

参加費:無料

定員:先着25名

お申込み:8月20日(金)締切
FAXの場合:こちら平成29年度 認定NPO法人を学ぶサロン.pdfからチラシをダウンロードし、必要事項を記入し、お問合せ先までお送りください。
Eメールの場合:下記の<申込フォーム>を使い、お問合せ先までお送りください。件名は「認定NPO法人を学ぶサロンの申込み」とご記入ください。
電話の場合:お問合せ先までご連絡ください。その際に、チラシの参加申込書に書かれていることを聞かせていただきます。チラシは上記の「FAXの場合」の箇所からダウンロードできます。

主催:ぎふNPO・生涯学習プラザ

<申込フォーム>
参加者氏名:複数で参加される場合は全員をご記入ください
団体名:
団体住所:〒
連絡先電話番号:
当日連絡可能な電話番号:携帯電話など
Eメール:
現在の団体状況:以下の1~6の中からお選び下さい
1.認定NPO法人の申請を検討している(初めて申請を考えている)
2.認定NPO法人の申請を検討している(以前申請したことがある)
3.申請は考えていないが認定NPO法人に関心がある
4.認定NPO法人である
5.NPO法人ではないが関心がある
6.その他
講座で聞いてみたい事:

お問合せ先
ぎふNPO・生涯学習プラザ
〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-53 OKBふれあい会館1棟2階
TEL:058-372-8501 FAX:058-372-8502
Eメール:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンポジウム『生活困窮者自立支援事業 ~ 岐阜の支え合い 地域づくりを考える ~』

  • Posted by: admin
  • 2017年7月 4日 10:44
PS_Sympo-1.jpg
生活困窮者自立支援のこれまでとこれからを考え、地域づくりにつなげていくためのシンポジウムを開催します。

 生活困窮者自立支援制度が3年目を迎えました。この制度によって県や各市に相談窓口が設置され、生活困窮者の課題解決と自立に向けた取組がなされていますが、その先に見据えるのは誰もが暮らしやすい地域をつくることです。今回のシンポジウムでは、他地域活動・連携・協働の様子をお聞きするとともに、さまざまなことを「他人事」にしない地域共生社会を実現するために必要なことを探ります。

自立相談支援機関、社会福祉協議会、行政、地域包括支援センター、関係機関の職員など
シンポジウムのテーマに興味のある方であればどなたでもご参加ください!

日時:2017年7月29日(土)13:30~16:30
場所:ハートフルスクエアーG 大研修室にて

基調講演 「生活困窮者自立支援のこれまでとこれから」
      宮本 太郎氏
       中央大学教授
       (一社)生活困窮者自立支援全国ネットワーク代表理事

パネルディスカッション 「支え合いの地域づくりを目指して」
      藤村 貴俊 氏 厚生労働省社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室
      太田 光昭 氏 (特非)おおさか若者就労支援機構 理事、(株)泉州アグリ
      大熊 宗麿 氏 名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅センター長
              ※ (社福)名古屋市社会福祉協議会

主催 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
後援 岐阜県、岐阜市、岐阜県社会福祉協議会、岐阜市社会福祉協議会、岐阜県弁護士会
定員 100名(申し込み先着順)
 ※ 定員に余裕がある場合は当日参加も可。資料の準備等がありますのでなるべく事前にお申込みください。

申し込みはチラシ裏面の申込用紙をFAXしていただくか、e-mail でお申込みください。
締め切りを7/20にしておりましたが、定員に余裕がありますので、ぜひお申し込みください。

e-mail の場合は、 npo@gifu-npocenter.org に下記の事項を記載してください。
  1.所属団体等
  2.参加者氏名(複数で参加される場合、全員をご記入ください)
  3.連絡先電話

『こくちーず』イベントページからも参加申し込みをしていただけます。


 シンポジウムチラシ(pdf 596KB)

PS_Sympo-2.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

平成29年度 活動見える化セミナーのご案内 ※終了しました

H29活動見える化セミナー.JPG

団体・活動の魅力を伝える方法を学び、集客力アップ&助成金獲得に結び付けよう!

「講座やイベントを参加者でいっぱいにしたい!」「あの助成金を何としてもゲットしたい!」と思ったことありますよね。そのためには「制限がある中であっても思いを伝え切る」ことが重要です。このセミナーでは「計画」「コミュニケーション」「広報」の達人たちが、分かりやすい講義とワークショップで皆さんの悩みを解決します。見て!聞いて!一緒に作って!あなたの活動を「見える化」し、多くの人の共感を得られる活動づくりを目指しましょう!

日時:平成29年7月4日(火)、11日(火)、20日(木) 13:30~15:30

会場:OKBふれあい会館 第2棟9階 男女共同参画プラザセミナー室(4日、20日)、男女共同参画プラザ研修室(11日)

参加費:無料

第1回-7月4日(火)
事業計画力アップ-想いを形に!事業計画書の作成
NPO法人ぎふNPOセンター 理事長 野村典博
助成金や委託事業の申請で重要となる事業計画。どうしたら「なるほど!」と思ってもらえるのか、そのコツとポイントを分かりやすくお伝えします。これであなたも事業計画書の達人です!!

第2回-7月11日(火)
プレゼン力アップ-気持ちが伝わるコミュニケーション
フリーアナウンサー、、乳幼児心理判定委員 浅井彰子氏
気持ちを伝えるには、相手の気持ちを知ることも大切。相手とのコミュニケーションを心がけ、助成金の審査員はもちろん、多くの方に伝わるプレゼン力を身につけましょう!!

第3回-7月20日
広報力アップ-私にもできる!こんな素敵なチラシ
NPO法人まちづくりスポット デザインツール作成担当者 鬼淵翔太氏
見やすくわかりやすい「まちづくりスポット」のチラシ。そこに隠された言葉の選び方や文字の配置など、様々な工夫の秘訣をお伝えしながら、皆さんで実際にチラシを作ってみましょう!!

対象者:NPO法人スタッフ、中間支援団体や支援センター職員など

定員:各回20名

申込み
FAXの場合:チラシ(
平成29年度活動見える化セミナー.pdf)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、お問合せ先までFAXをお送りください。

申込締切:6月30日(金)

E-mailの場合
下記の<申込フォーム>を使い、お問合せ先までメールをお送りください。


<申込フォーム>
参加者氏名:
団体名:
団体住所:〒
連絡先電話番号:
当日連絡可能な電話:
E-mail:
希望講座:3回すべて、または参加希望の日程を記入して下さい。


お問合せ先
ぎふNPO・生涯学習プラザ
岐阜市薮田南5-14-53 OKBふれあい会館 第1棟2回
TEL:058-372-8501
FAX:058-372-8502
E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

Tag Cloud

Return to page top