Home

ぎふNPOセンター

学生ボランティア受け入れ講座

学生ボランティア受け入れ講座.JPG

「学生ボランティアを募集したいのに、なかなか集まらない」「どこにどう周知したらよいかわからない」
そんなお悩み、ありませんか?
どうやったら学生ボランティアが集まるのか。そもそも、学生はボランティア活動に何を求めているのか。
学生のホンネと実態を踏まえたアプローチの仕方について、座学とワークショップを通して学びます。

とき:7月30日(月)10時~15時30分
ところ:みんなの森ぎふメディアコスモス-かんがえるスタジオ(岐阜市司町40番地5)

内容
講義「学生ボランティア募集のために知っておきたいコツとポイント」
ワークショップ「学生の興味を引くチラシ作り」
講師:(特非)ぎふNPOセンター-ボランティアコーディネーター/篭橋文子

定員:30名(先着順・定員になり次第締め切ります)
参加費:無料
対象:学生ボランティア募集したい団体や施設・NPO・社協・行政など

【昨年度参加者のアンケートより】
*今の学生の状況について理解不足であることを知り、イメージしていた学生ボランティアと現実の違いを新たに認識できたことは、今後学生さん達と関わる上でもとても重要なターニングポイントとなりました。
*具体的なノウハウや「ボランティア」に対する考え方など、とても勉強になりました。
*自身の振り返りにもなり、他団体の考えを知るきっかけとなって、大変参考になりました。

申込方法
H30学生ボランティア受け入れ講座チラシ.pdfをダウンロードし、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、FAXかメールにてお申込み下さい。
または、下記URLより、こくちーずの当イベントページからお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/5d2f85d422a78440c11f82dbefce03f9/

申込締切:平成30年7月20日(金)

主催:NPO法人ぎふNPOセンター(委託:岐阜県)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

伝えたい想いがあふれてまとまらないNPOのための文章&チラシの作り方講座

bunsyochirashi.png
「伝えたいことはあるけれど、文章の書き出しに苦労する」「書き出すと長くなってまとまらない」「チラシのレイアウトを考えていたら日が暮れた」などの困り事をズバッと解決!
広報のプロによる2回の講義とワークショップを通して、すぐに使える文章の書き方・チラシの作り方から、一生使える想いを伝えるための心得まで、届けたい相手に分かりやすく伝える方法が学べます!

日時:2018年6月25日(月)・7月2日(月) 13:30~16:00
会場:OKBふれあい会館 (岐阜市薮田南5-14-53)
  ※詳しい会場はお申込みをいただいた後、ご連絡いたします。

6月25日 想いを届ける文章の書き方講座
noguchikoshi.jpg
 講師:野口 晃一郎 氏(フリーライター、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会 理事)
読みやすい文章、伝えたいことが正しく伝わる文章が良いことは分かっている!けれども、どうやって書けば良いのか分からない・・・。
この講座では、元ニュースキャスター・元新聞記者で、まちづくりのコーディネーターとしても活躍する講師から、相手に伝わる文章の書き方や構成のコツについて学びます。

7月2日 ココロを掴むチラシの作り方講座
onibuchikoshi.jpg
 講師:鬼淵 翔太 氏(NPO法人まちづくりスポット デザインツール担当)
目立つチラシ・見やすいチラシ・・・。あなたはどんなチラシを手に取りますか?
この講座では、街でみかける看板やチラシを研究し、NPO法人まちづくりスポットで数多くの広報物を手掛けてきた講師から、文字やイラストの配置、掲載する情報の整理の仕方など、効果的なチラシの作り方を学びます。

対象者:NPOなどの市民活動団体、中間支援団体や支援センター職員など
定員:各回先着20名
お申込み:チラシをダウンロードし、必要事項を記入してFAXをお送りいただくか、下記の<申込フォーム>を使い、お問合せ先まで、E-mailをお送りください。

<申込フォーム>
参加者氏名:
団体名:
団体住所:
連絡先電話:
当日連絡可能な電話:携帯番号など
E-mail:
希望講座:両日、または希望する講座をご記入ください。
参加を希望する理由:

お問合せ先
ぎふNPO・生涯学習プラザ(設置:岐阜県、実施:NPO法人ぎふNPOセンター)
TEL:0558-372-8501 FAX:058-372-8502
E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

NPO法改正に伴う「公告の方法」の変更について

teikanhenkou.png
NPO法人のみなさん、団体の定款の「公告の方法」はどんな内容になっていますか?

平成28年6月7日に「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」(平成28年法律第70号)が公布され、平成29年4月1日から施行されました。
貸借対照表の公告に関する規定については、平成30年10月1日に施行されます。

平成30年10月1日より、直近の貸借対照表を、定款に記載してある方法で「公告」することが義務となります(同時に、資産の総額は登記事項ではなくなります)。

以下のような記載では、貸借対照表も官報に掲載することになり、毎年、数万円の掲載料がかかってしまいます。

変更前)この法人の公告は、この法人の掲示場に掲載するとともに、官報に掲載して行う。

したがって、貸借対照表の公告方法を追加で定める必要があります。

上記のような記載のままの法人は、9月までの総会において、下記のような記載に変更してください。3月末決算の法人は、6月までに開催する通常総会で変更しましょう。

変更後)この法人の公告は、この法人の掲示場に掲載するとともに、官報に掲載して行う。ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については【〇〇〇】に掲載して行う。

【〇〇〇】には、①官報 ②日刊新聞 ③電子公告 ④主たる事務所の公衆の見やすい場所 から選ぶようになっています。

①、②は大変お金がかかるのでおすすめできません。
③は、「この法人のホームページ」または「内閣府NPO法人ポータルサイト(法人入力情報欄)」を選びます。
④は、「この法人の主たる掲示場」と記載します。
ただし③の「この法人のホームページ」を選んだ場合は、ホームページの不具合が起きた場合に備えて、他の方法も併記しておくことをお勧めします。
*「内閣府NPO法人ポータルサイト」は、ユーザー登録が必要で、少し手間はかかりますが、不具合の心配はありません。

詳しくは、岐阜県のNPOホーム(「岐阜県 NPO」で検索)の「お知らせ」をご覧ください。変更申請の様式もダウンロードできます。
ご不明な点があれば、ぎふNPOセンターまたはぎふNPO・生涯学習プラザまでお問い合わせください。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ソーシャルビジネスのつくり方セミナー アラサー起業家応援ラボ

ソーシャルビジネスのつくり方セミナー.jpg
日時:平成30年3月25日(日)14時~17時(開場:13時30分)
会場:ながら川ふれあいの森-四季の森センター(岐阜市三田洞字日向平211)
 
昨年好評をいただいた「アラサー起業家応援ラボ」、今年もやります!
地域や社会の課題を解決するために、ビジネス手法を用いて、継続的に事業を進めていく「ソーシャルビジネス」。
前回の起業プランのその後を聞き、若手起業家の新たな起業プランを一緒に練りながら、ソーシャルビジネスの考え方、計画の立て方、事業の行い方を学びます。
地域を変える想いを形に。ご参加をお待ちしております!

アクセス
JR岐阜駅から岐阜バスで28分、三田洞バス停下車-徒歩10分
・JR岐阜駅-12番のりば(13:00発)岐阜女子大線N73-岐阜女子大行きのバスは13:28着予定です。
当バスでお越しの方は、バス停からスタッフが会場までご案内します。
車の場合は無料駐車場がございます。
ながら川ふれあいの森 ホームページ
http://fureainomori.jp/access.html


田代達生氏.jpgのサムネール画像
講師:田代達生氏
1976年生まれ。
十六総合研究所-リサーチ&コンサルティング部-主任研究員
NPO法人ORGAN監事。
2005年-中小企業診断士登録、2017年-名古屋大学経済学研究科修了(経済学修士)

対象者:ソーシャルビジネスに関心のある方、起業を考えている方、事業を考えたいNPO、地域課題の解決に関心のある方、若者の起業を応援したい方など

お申込み:下記からチラシをダウンロードし、必要事項を記入してFAXや電話でお問合せ先までお申し込みください。E-mailの場合は、下記<申込フォーム>を使い、件名に「ソーシャルビジネスのつくり方セミナー申込み」とご記入いただき、お問合せ先までご連絡ください。
ソーシャルビジネスのつくり方セミナー チラシ.pdf

<申込フォーム>
名前:
所属:所属している団体があればご記入ください
住所:〒
電話番号:
E-mail:
ソーシャルビジネスへの関わりについて:次の4つからお選びください。
 1.ソーシャルビジネスでの起業を考えいる
 2.ソーシャルビジネスに興味がある
 3.ソーシャルビジネスを営んでいる
 4.その他:理由
本セミナーで聞いてみたいこと:
バス停(三田洞13:28着)からの送迎希望について:「あり」または「なし」

お問合せ先
ぎふNPO・生涯学習プラザ:岐阜市薮田南5-14-53
TEL:058-372-8501、FAX:058-372-8502、E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp
協力:岐阜アラサー会議、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

企業・NPO・地域(購入者) 三方良しの寄付つき商品開発セミナー

寄付つき商品開発セミナー.JPG
日時:平成30年3月1日(木) 18時~20時
会場:みんなの森-ぎふメディアコスモス-おどるスタジオ(岐阜市司町40番地5)
参加費:無料

企業の商品やサービスが売れることで社会貢献に繋がる仕組み「寄付つき商品」。
社会貢献聞くと「イメージアップ」や更には「奉仕」という観点で捉えられがちですが、寄付つき商品によって社会貢献活動が充実すると、地域や社会での企業やNPOの存在感が増し、さらに商品やサービスの消費・利用に繋がります。
きちんと企画が練られた寄付つき商品は、企業とNPO、そして地域で暮らす人が一緒になって、地域や社会を良くしていく可能性を秘めています。
このセミナーでは、地域や社会をより良くする活動に取り組む企業やこれから取り組みたいと思っている企業とNPOが一緒になり、互いの「強み」と「悩み」を共有し、良い事をして良い業績に繋げる「寄付つき商品」を考えます。
「既存の商品を寄付つき商品としてより価値のある物にしたい」、「新しい商品を開発したい」等を考えている企業の皆さん、寄付つき商品だけでなく、様々な形で連携したいと考えているNPOの皆さん、ぜひご参加ください!

講師:北村隆幸氏
岐阜県関市出身1980年生まれ。名古屋大学大学院国際開発研究科修了。
ふるさと関市でまちづくりNPOを立ち上げ、市民参加型フリーマガジン「ぶうめらん」を創刊。関市をまるごと巻き込むまちづくりのプロデューサーとして行政、まちづくり団体、コミュニティ組織、商店街等と協働事業を実施。
小規模多機能自治のまちづくり推進のために、関市地域委員会、美濃加茂市下米田地区、中津川市苗木地区のサポートをしている。
犬山市市民活動促進委員、NPO法人ぎふNPOセンター理事、岐阜医療科学大学非常勤講師。

定員:30名

お申込みこちらからチラシをダウンロードし、必要事項を記入してお問合せ先までFAX、または下記<申込フォーム>を使い、メールでご連絡ください。
申込締切:2月25日(日)

<申込フォーム>
名前:※複数で参加される場合は全員をご記入ください
団体名:
団体住所:〒
連絡先電話:
当日連絡可能な電話番号:
Eメール:
事前ヒアリング:
(企業の場合)取り扱っている商品や取り組んできた社会貢献活動、受講理由など
(NPOの場合)企業と協力したい事業、団体の得意分野、受講理由など
講座で聞いてみたいこと:

 
★個別相談会を開催します。
3月14日(水)と15日(木)に寄付つき商品に関する個別相談会を行います。
※1団体1時間程度
個別相談会の詳細は本セミナーにてお伝えさせていただきます。
個別相談会にご関心をお持ちで、3月1日に参加できない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

主催:ぎふNPO・生涯学習プラザ(委託:岐阜県)

お問合せ先
ぎふNPO・生涯学習プラザ(岐阜市薮田南5-14-53)
TEL:058-372-8501、FAX:058-372-8502
E-mail:gifu-npo-plaza@gifu.email.ne.jp(@を半角に変えてください)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

Tag Cloud

Return to page top