Home

ぎふNPOセンター

「いま」つながれば「いざ」もあんしん 地域力UPのための情報共有会議

  • Posted by: admin
  • 2021年10月14日 15:27
地域力UPの情報共有会議.JPG
チラシPDF:236KB)

何十年に一度と言われるレベルの災害が、近年、毎年のように日本各地を襲うようになりました。
皆さんの活動「災害時」にどうしますか?止めても大丈夫ですか?自分達だけでできそうですか?
人手やお金やノウハウで、助けてほしいことありませんか?
自分達が災害時にできること、イメージできそうですか?
「いざ」という時に備えて「いま」何から始めたらよいのか。
岐阜県内で活躍するNPOや企業、防災士やボランティアの皆さんがお互いを知り、共に「災害にも強い地域づくり」を進めるためのつながりを作る、作戦会議です。

【岐阜地域対象】令和3年11月3日(水・祝) 13:00~15:00
テーマ:被災地におけるNPOと企業の支援について
講師:李 仁鉄 氏(NPO法人にいがた災害ボランティアネットワーク)

全国の被災地における企業の被災地への関わりや、子育て支援や環境系など、普段災害支援ではない活動をしているNPOが、平時の活動をどのように災害時に生かしているかなどについての事例をお話しいただき、意見交換を行います。
お申込み:https://www.kokuchpro.com/event/e6e320ea1ffd76c94917516fadfe727b/

【飛騨地域対象】令和3年11月12日(金) 13:00~15:00
テーマ:地域力を高めるためのNPOや企業との連携について
講師:小峠 賢次 氏(社会福祉法人高山市社会福祉協議会)
     五十嵐 浩子 氏(認定NPO法人まちづくりスポット)
     岩塚 久案子 氏(NPO法人飛騨高山わらべうたの会)

令和2年の集中豪雨の際に、現場で起きていたことや、いざという時のために平時からどのような取り組みがなされているかをお話いただき、意見交換を行います。
お申込み:https://www.kokuchpro.com/event/f9fc62f83f147e1e0a01004b42ee3f5d/

【中濃地域対象】令和3年11月15日(月) 15:00~17:00
※中濃地域のみ他の地域と開始時間が異なりますので、ご注意ください。
テーマ:災害時の外国人支援に向けての平時からの取り組みについて
講師:各務 眞弓 氏(NPO法人可児市国際交流協会)

外国人支援に限らず、地域の防災力を高めるために立ち上げた「可児市地域づくりネットワーク」について、立ち上げ経緯から現在の状況などをお話しいただき、平時からの情報共有のあり方について学び、意見交換を行います。
お申込み:https://www.kokuchpro.com/event/7e2087d8d219549ec9bc305621ab909c/

【西濃地域対象】令和3年11月19日(金) 13:00~15:00
テーマ:防災士やNPOが連携した災害支援を行えるための平時の取り組みについて
講師:伊藤 三枝子 氏(清流の国ぎふ女性防災士会)

災害時に防災士がどのように活躍できるのか、そのためには平時からどのようことに留意しておくことが必要で、NPOをはじめとするセクターとどのよな関係づくりをしておくことが必要かを学び、意見交換を行います。
お申込み:https://www.kokuchpro.com/event/23c6e7b9148d8eae9f2108d1c618266a/

【東濃地域対象】令和3年11月23日(火・祝) 13:00~15:00
テーマ:災害支援系の専門ボランティアの連携について
講師:肥田 浩 氏(一般社団法人 OPEN JAPAN)

重機ボランティア等、災害支援の専門性の高いボランティアやNPOが災害に連携する事の有効性や、日頃からの関係づくりを中心に、災害支援系のNPOと災害支援に特化していないNPOとの連携についても学び、意見交換を行います。
お申込み:https://www.kokuchpro.com/event/58dbf60107b72c265318e6774bcee21e/


それぞれの地域性に沿ったテーマになりますが、自分の地域の情報共有会議に参加していただくのはもちろん、他地域の情報共有会議にもご自由に参加していただけます。
興味関心のあるテーマがありましたら、自分の地域に限らずふるってご参加ください。


開催方法:オンライン開催
※交流会はWeb会議サービスの「Zoom」を使って行います。
事前に接続環境の整備など、Zoomが使える事の確認をお願いいたします。Zoomの使い方がわからないなどご不明な点やご不安なことがありましたら、導入方法や使い方の説明などをいたしますので、ぎふNPOセンターまでご連絡下さい。
情報共有会議当日は、準備等で対応できない場合がありますので、必ず事前の準備をお願いします。

参加費:無料

対象者:NPO・企業・防災士・ボランティア・NPO中間支援組織・行政・社会福祉協議会など

お申込み:上記各会の「お申込みURL」のこくちーずページからお申込みをいただくか、または下記の「メール用申込フォーム」を使って、必要事項を記入し、お問合せ先までメールをお送りください。
申込みは、各開催日の5日前までにお申し込みください。
お申し込みをいただいた後、折り返し受付完了のメールをお送りいたします。
申込み3日後になってもメールが届かない場合は、直接ぎふNPOセンターまでご連絡ください。

<メール用申込フォーム>
参加希望地区:
お名前:
ご所属:
電話番号:

お問合せ先
NPO法人ぎふNPOセンター 岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎3階
TEL:058-372-8501
E-mail:info@gifu-volunteer.net


主催:NPO法人ぎふNPOセンター 
※この事業は岐阜県社会福祉協議会の委託を受けて実施しています
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

地域づくりから災害支援を考える動画配信スタート

  • Posted by: admin
  • 2021年9月15日 14:08
近年、全国各地にて自然災害による広域被害が頻発しています。
こうした災害から、改めて見えてきたのは「日頃からのつながりや取り組み」の大切さです。
平時にご近所同士が、地域全体が、行政や社協やNPOが様々な形でつながっていることで、災害時の様々な困りごとを助け合いで解決できます。
自助として、普段からどのような取り組みをしていけばよいのか。
共助として、普段からどのようなつながりを作っていけばよいのか。
「災害にも強い地域づくり」のために、今、何ができるのかを、4本の動画にまとめました。
それぞれ、テーマ別になっていますが、第一章から第三章までを一つの流れとして作成していますので、ぜひ第一章から第三章までをご覧ください。

【視聴期間等のご案内】
◆ぎふNPOセンターからの配信について
 ぎふNPOセンターのホームページ上から、いつでも誰でも見ることができます。

【動画の視聴方法】
それぞれ見たい章の「ここ」の文字をクリックしてください。
また、プログラムの◆の右に書かれているそれぞれの章の表題をクリックしても見る事ができます。

◆第一章「被災地の実態とは 前編」20:42→ここ
◆第一章「被災地の実態とは 後編」25:34→ここ
◆第二章「令和2年7月豪雨における県内被災地での動き」19:14→ここ
◆第三章「支援拠点について」31:25→ここ

【プログラム】
第一章「被災地の実態とは 前編」20:42
 講師 李 仁鉄 氏(にいがた災害ボランティアネットワーク代表)
 この章は、
 ①様々な自然災害による全国各地の被災地における実態とボランティア活動について
 ②災害時になって見えてくる平時のつながりとの関係性
 ③ロナ禍における被災地支援について
 以上の3点を中心にした、全国の被災地で支援活動をされてきた李さんの基調講演です。

第一章「被災地の実態とは 後編」25:34
 講師 李 仁鉄 氏(にいがた災害ボランティアネットワーク代表)
 出演 山田純也 氏(株式会社山田建築事務所)
    佐藤圭三 氏(全岐阜県生活協同組合連合会)
 この章では
 ①避難所運営の実態と課題について
 ②NPOの平時の活動を、災害時にどう活かせるのか
 ③自社の"得意"を活かした、企業の災害支援とは
 以上の3点について、全国の被災地で支援活動をされてきた李さんからお話いただくと共に、企業の方々から、災害支援への取り組みについてお話いただいています。
 企業として災害時にどのような被災地支援ができるのか、そのために平時からどのような取り組みをしていくのが良いのか試行錯誤している企業の皆さんにも、ぜひ見ていただきたい内容となっています。

第二章「令和2年7月豪雨における県内被災地での動き」19:14
 出演 中野鉄平 氏(下呂市社会福祉協議会)
    吉朝 誠 氏(下呂市消防団 小坂方面隊)
    小峠賢次 氏(高山市社会福祉協議会)
 この章では、令和2年7月豪雨の際に被災した下呂市と高山市の方々より
 ①被災時の地元の動き
 ②災害ボランティアセンター立ち上げの判断
 ③平時の地域とのつながりのための取り組みと、災害時に活かされた平時のつながり
 以上の3点を中心に、お話をうかがっています。
 実際にどのようなボランティア活動がなされていたのか、コロナ禍での災害ボランティアセンターの立ち上げ有無についての判断はどのようになされたのか、また地域内での災害支援活動は、平時のどんな取り組みから生まれたものであったのか、現場だからこその生の声を聞くことができます。

三章「支援拠点について」31:25
 講師 李 仁鉄 氏(にいがた災害ボランティアネットワーク代表)
 出演 五十嵐浩子氏(認定NPO法人 まちづくりスポット)
    北村隆幸 氏(NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん)
    野尻智周 氏(NPO法人ぎふNPOセンター)
 この章では、
 ①災害ボランティアセンターの役割
 ②多様なセクターの役割と連携
 ③災害時に向けて平時から取り組んでおくべきこと
 以上の3点について、全国の被災地で支援活動をされてきた李さんからお話をいただきます。
 また、NPO中間支援センターのスタッフでもあり、岐阜県社会福祉協議会から災害ボランティアコーディネーターの委嘱をされている3名が、NPO中間支援センターの役割やNPOとの関わり、また災害支援について視聴者の皆さんに向けたメッセージを送ります。


【お願い】
この動画は、赤い羽根福祉基金助成金事業の一環として「災害にも強い地域づくり」のために役立てていただく目的で制作され、著作権はぎふNPOセンターとなっております。
個人での視聴以外の目的(研修などでの使用等)で使用される場合は、必ずぎふNPOセンターにご一報ください。






  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

想いをかたちに!~NPO法人設立の手引き~が新しく(第3版)なりました!

  • Posted by: admin
  • 2021年8月28日 15:46
設立の手引き 第3版 宣伝.png

ぎふNPOセンターが主催している「NPO法人設立講座」のテキストとして使っていたブックレットが、新しくなりました。
第2版の発行が2012年。それから申請書類の縦覧期間が短くなったり、市民活動の担い手として一般社団法人が増えてくるなど、色々な変化がありました。
それらも盛り込み、ついでにぎふNPOセンターとして伝えたいことも盛り込み、第3版が完成しました!

1冊770円(税込)です!

ブックレットの中身は
Ⅰ.NPOの基礎知識
NPOってなに?/POとNPO法人/NPO法人と他の非営利法人(一般社団法人との比較など)
Ⅱ.NPO法人の基礎知識
NPO法人のメリットと責務/法人運営の基本的なルールは?/どうやって支援者を得るの?/NPO法人も税金を納めるの?
Ⅲ.NPO法人をつくろう
設立趣旨書の作成例/設立総会を開いて、申請書類を提出しよう/登記とその後の手続きは?

などなど。NPOの話からNPO法人を設立して活動を始めるまで、まとめてあります。その他、市民活動を行う際の法人格として、NPO法人と比較されることの多い一般社団法人の話やNPO法人化が団体にとって本当にプラスになるのかといった話など、NPO法人の設立以外の話も載って、たっぷり50ページです。
法人化は市民活動をするための手段の一つに過ぎません。市民活動を始めようとする・法人化して活動を発展させていこうとする皆さんの一助になるよう、ぎふNPOセンターがこれまでの経験で伝えられること、また伝えたいことを詰め込みました。ぜひ、ご一読ください!

NPO法人設立講座のテキストとしても使いますがブックレットだけのご注文も承っております!
テキストも完成いたしましたので、10月からNPO法人設立講座を再開したいと思います。オンラインでの開催も準備中です。

NPO法人設立講座
10/16(土) 13:30~15:30
11/19(金) 19:00~21:00
会場:ぎふNPOセンター
参加費:1人770円(ブックレット代)
※ブックレットを事前にご注文いただいた方は、参加費は必要ありません。講座当日はブックレットをお持ちいただきますよう、お願いいたします。


ご注文及び設立講座のお申込みはブックレット第3版 チラシ.pdfをダウンロードして、必要事項をご記入いただき、FAXしていただくか、下記<ブックレット注文フォーム>・<設立講座申込フォーム>を使ってメールでご連絡ください。
ブックレットのご注文は下記URLからも可能です。
https://forms.gle/TMQk6VDkPwvY7pPL8

<ブックレット注文フォーム>
注文者氏名:
注文冊数:
お渡し方法:「直接ぎふNPOセンター購入」または「郵送を希望」からお選びください。
購入希望日(「直接購入」を選ばれた方はご記入ください):※おおよその日時で大丈夫です。
お送り先住所(「郵送を希望」を選ばれた方はご記入ください):
領収書:「必要」または「不要」※必要を選ばれた方は宛名のご記入もお願いします。
連絡先:
備考:

<設立講座申込フォーム>
参加者氏名:※参加される方の氏名を全員分ご記入ください。
団体名:※あればご記入ください。
住所:
連絡先:
参加希望日:「10/16(土)13:30~15:30」・「11/16(金)19:00~21:00」からお選びください。
ご質問等:


よろしくお願いいたします!
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【2021年8月22日 投開票】白川町長立候補予定者に公開質問状をお送りしました

白川町長立候補予定者への質問.png
第9回は白川町長立候補予定者へのアンケートです。
8月7日までに立候補を表明している方に対して8月13日を回答期限とし、アンケートをお送りさせていただきました。

回答をいただけませんでしたので、掲載はありません。

質問内容は以下になります。
1)NPOや地域貢献団体への期待について(300字以内)
 現代社会では社会的課題が多様化し、課題解決のために様々なNPOや地域貢献団体などが活動しています。白川町のより良いまちづくりのために、NPO等に期待していることはありますか。

「はい」・「いいえ」・「その他」(3つから選択)
詳細(300字以内で記載)

2)NPOや地域貢献団体への活動支援施策について(300字以内)
 白川町では、地域の活性化などが期待され、まちおこし推進事業補助金など、NPO等の活動を支援する施策が実施されています。
 今後もNPOや地域貢献団体の取り組みを推進するために白川町が行う施策や仕組みが必要だと思いますか。不要な場合の理由や必要な場合の具体的な施策等についてお答えください。

「はい」・「いいえ」・「その他」(3つから選択)
詳細(300字以内で記載)

3)NPOや地域貢献団体との協働関係の構築について(300字以内)
 白川町では、「第2期 白川町 まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中で「自然体験・交流事業」や「新規就農者育成事業」などの取り組みをNPOと共に実施することが書かれています。
 今後もNPOや地域貢献団体と協働して事業を実施していくことが必要だと思いますか。不要な場合の理由や必要な場合の協働を促進するための具体的な施策等についてお答えください。

「はい」・「いいえ」・「その他」(3つから選択)
詳細(300字以内で記載)

以上です。
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【2021年4月25日 投開票】川辺町長立候補予定者に公開質問状をお送りしました

川辺町長立候補予定者への質問.png
第8回は川辺町長立候補予定者へのアンケートです。
立候補を表明している方に対して4月9日を回答期限とし、アンケートをお送りさせていただきました。
いただいた回答は4月19日までに、ぎふNPOセンターのウェブサイトへ掲載いたします。

【アンケートのご回答】
※50音順

桜井 真茂 氏
【桜井真茂氏】アンケートのご回答.pdf


佐藤 光宏 氏
【佐藤光宏氏】アンケートのご回答.pdf


質問内容は以下になります。

1)NPO・町民団体への期待について(300字以内)
 現代社会では社会的課題が多様化し、課題解決のために様々なNPOや町民活動団体などが活動しています。川辺町のより良いまちづくりのために、NPO等に期待していることはありますか。

「はい」・「いいえ」・「その他」(3つから選択)
詳細(300字以内で記載)

2)NPOや町民活動団体への活動支援施策について(300字以内)
 「川辺町 第5次総合計画 後期基本計画」の第6章第1節「協働の推進」では、主要施策「町民活動団体の育成」、関連施策「協働のためのルールづくり」・「町民活動についての情報提供」が挙げられております。
 今後、NPOや町民活動団体の取り組みを推進するために川辺町が行う施策や仕組みが必要だと思いますか。不要な場合の理由や必要な場合の具体的な施策等についてお答えください。

「はい」・「いいえ」・「その他」(3つから選択)
詳細(300字以内で記載)

以上です。
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

Tag Cloud

Return to page top